ネットフリックスの海外映画ラインナップの感想

Netflixの海外映画のラインナップにはどのようなものがあるのでしょうか?
2015年のサービス開始当初はまだ作品数が少ないと言われていたネットフリックスですが、2018年4月の時点で改めてラインナップを調べてみました。
「メニュー」→「海外映画」で一覧を表示させることができます。

 

 

海外映画ラインナップ一例
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
シング・ストリート 未来へのうた
英国王のスピーチ
1日1ドルで生活
パシフィック・リム
アメリ
ローン・サバイバー
ハンニバル
ショーシャンクの空に
アラバマ物語
レオン 完全版
マトリックス
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
テッド2
シュレック
スポットライト 世紀のスクープ
イミテーション・ゲーム
レヴェナント 蘇りし者
トレインスポッティング
トゥームレイダー1,2
50回目のファースト・キス
チャーリーとチョコレート工場
ハドソン川の奇跡
ワン・デイ 23年のラブストーリー
エンド・オブ・ホワイトハウス
ダッグ・ファイト
ウォンテッド
ソルト
MASK2
ソーシャルネットワーク
食べて、祈って、恋をして
パルプフィクション
キャロル
はじまりのうた
アメリカン・スリープオーバー
ルーム
オール・ユー・ニード・イズ・キル
マネーショート 華麗なる大逆転
バックコーラスの歌姫たち
ミニマリズム:本当に大切なもの
ブルージャスミン

 

個人的な印象としては、ネットフリックスの海外映画作品は2018年4月時点のラインナップで判断すると、他の動画配信サービスと比較してやや充実度がさみしい印象です。

 

日本映画は以前に比べてかなり充実してきているので海外映画も期待していたのですが、日本映画に比べていまひとつ人気作や有名作が少ないと感じました。

 

海外映画の充実度で判断するとHuludTVのほうがおすすめと感じました。

 

その代わりネットフリックスは他の動画配信サービスでは配信していないようなオリジナル作品やアメリカのドキュメンタリーなどの作品が充実しています。海外映画というよりは、他では見れないようなオリジナルな作品やドキュメンタリーを見たいという方にはネットフリックスはおすすめです。

 

またネットフリックスの強みの1つとしてパーソナライズ機能があります。海外映画って面白いものを観たいけれどたくさんあってどれを見ていいかわからないってことがよくあります。

 

どれを見ようか探しているだけで時間がかかってしまうこともあるのですが、Netflixでは「あなたにオススメ順」に表示してくれます。このパーソナライズ機能が海外ではかなり評価が高いらしいです。

 

あと作品を探す時洋画はあまり内容がわからずあらすじや概要などを読むことが多いのですが、作品の下の矢印をクリックするだけで別ページに移動せず、簡単なあらすじや詳細を見れるのは便利だと思いました。

 

 

 

>>動画配信サービス比較

 

※このページの情報は2018年4月28日時点でのものです。ラインナップは随時変更となるため、最新のものはネットフリックス公式サイトでご確認をお願いいたします。

人気記事
無料トライアルできるおすすめ動画配信サービス

※当サイトの作品、価格などの情報は記事を投稿した時点での情報となります。配信終了や価格変更している場合がありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認をお願いいたします。